ダウンロードしたプラグイン一覧

スポンサーリンク

英語ばかりで意味不明になるのだー。
少しばかり自分の覚書をすることに。

スポンサーリンク

ダウンロードしたプラグイン

Admin Post Navigation

Admin Post Navigation

記事編集画面の上部にナビゲーションボタンを追加できるプラグイン。
「前の記事」と「次の記事」へのリンクを追加して画面遷移を円滑にしてくれるのだー。

Auto Post Thumbnail

https://ja.wordpress.org/plugins/auto-post-thumbnail/

記事内の一番上にある画像を自動的に取得し、アイキャッチに一括登録してくれちゃうのです。

Broken Link Checker

Broken Link Checker

壊れたリンクや存在しない画像がないかブログをチェックし、見つかった場合はダッシュボードで通知します。

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Order

投稿とカスタム投稿タイプの記事カテゴリーは、標準では表示順番を変更することができません。
このプラグインを利用すると、カテゴリーの表示順番をドラッグ&ドロップで自由に変更できます。

Contact Form 7

Contact Form 7

お問い合わせフォームプラグイン。
シンプル、でも柔軟。

Crayon Syntax Highlighter

Crayon Syntax Highlighter

記事の中でソースコードを綺麗に表示できるプラグイン。WordPressプラグインで動作するSyntax Highlighter(シンタックス・ハイライター)です。

Enhanced Media Library

Enhanced Media Library

メディアライブラリにカテゴリーを追加して画像ファイルを整理できるプラグイン。
使おうと思ったけど、必要ないかな?

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

NextGEN Gallery やGRAND Flagallery を含むWordPress 内の画像のファイルサイズを縮小します。

あはー、使い方が分かってないのー。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

GoogleとBingの検索エンジンに対し、XMLサイトマップを自動送信できるプラグイン。
このプラグインをインストールして有効にすると、検索エンジンに対して、XMLサイトマップを自動的に送信するようになります。

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアのアカウントに記事の更新情報を自動投稿できるプラグイン。
新しい記事を公開した時に、ソーシャルメディアのアカウントに更新情報を自動投稿できます。
既に公開済みの記事に対しても手動で再投稿できます。
記事投稿したときにSNSへ投稿してくれる公式サイトもあるけど、一度設定さえしちゃえば自分で管理できちゃうんだよね。

Optimize Database after Deleting Revisions

Optimize Database after Deleting Revisions

データベース最適化&リビジョン削除をまとめてできるプラグイン。
DB最適化とリビジョン削除の作業を自動化できます。

Pretty Link

Pretty Link Lite

短縮URLを自分のオリジナルで作成することができるWordPressのプラグイン。
無料ブログやメルマガなどあらゆるところで短縮URLを使用することができるんだって。私、使うかな?

使わないかな?

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemap

Webサイトのサイトマップ(記事の一覧)を自動生成するプラグインです。
投稿と固定ページの両方に対応しています。

Revive Old Post (Former Tweet Old Post)

Revive Old Post (Former Tweet Old Post)

ソーシャルメディアに対して、過去記事のランダム投稿を自動化できます。
ツイートに含めたくないカテゴリーや記事の除外設定もできます。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin

WordPressにインストールするだけで、セキュリティを向上させることができます。
SiteGurad WP Pluginは、管理ページとログインに関する攻撃からの防御に特化したセキュリティプラグインです。
WAF ( SiteGuard Lite )の除外ルールを作成する機能もあります。( 使用するにはWAFがWebサーバーにインストールされている必要があります )

Speech bubble (ふきだしプラグイン)

ふきだしプラグインは簡単に記事にふきだしを追加することが可能。
ショートコードを用いるため直接的なHTMLとCSSのコーディングは不要です。

  • 吹き出しプラグイン 使用方法
  • 吹き出しプラグインのアイコン変更方法
  • 吹き出しプラグインに関する色々

これ、面白いよー!

Table of Contents Plus

Table of Contents Plus

自動に目次が出来ちゃうプラグイン。

オシャレに飾るには!

参考:

https://naifix.com/table-of-contents-plus-design/

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Posts

一日の平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数などを基に、サイト内の記事を人気順にランキング表示できます。
記事のサムネイル画像を表示することもできます。

スポンサーリンク

デフォルトからあるプラグイン

Akismet

Akismet

迷惑なコメント・トラックバックなのかを自動で判断してくれるプラグイン。

使うには無料でユーザー登録が必要だそうです。

Hello Dolly

Hello Dolly

これは何だ?と、前から思っていたけど、覚書を書くに検索してみたら、歌!知ってるよ!

いや「Hello Dolly」を知っているんじゃなくて「Louis Armstrong」っていう歌。

歌詞の訳は知らなかったけどYouTubeにあるある。

改めて通訳読みながら聞くと言い内容だったのね。

WP Multibyte Patch

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-multibyte-patch/

デフォルトで入っていてマルチバイトを何ちゃら・・。

改めて検索すると有効にしとくのが良いらしいので慌てて有効にしました。

文字数が関係するくらいしか理解してません。

スポンサーリンク